スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前略

http://blogri.jp/nayuto/entry/1226474857/
前回のお話


お兄さん甲は草を刈りながらPSPにいれといた森の妖精を見ていると、遠くの竹やぶのなかが光っていました
近づいてみると、なにやら竹が一本だけ光っているではあーりませんか
切ってなかを覗いてみたら・・・・・・・
かわいらしい男の子がいるではあーりませんか!
甲「ふつくしい」
お兄さん甲は大事に抱えて家までデコチャリで帰りました
家に帰ると、お兄さん乙が顔色を悪くしながら純○ロマン○カを見てました
甲「あぁん? どうしたの?」
乙「桃に当たったヨ。チャーハン食べたいナ」
甲「最近ダラシネェナ」
その後2人は男の子をおいしくいただきました(性的な意味で、アッー)


??「反応を確認。ヴァーチェ目標を破壊する」
乙「!?まさかここがバレルとは!!」
甲「こちらも出る!!」(機体名と性能はご想像にお任せします)
ティエ「な!?こちらの性能を上回っているだと・・・・・」
甲「(ジー)やらないか?」
ティエ「な!?・・・万死に値する!!」
甲「嬉しいこと言ってくれるじゃないの」
ティエ「な・・・やめろ! 絶望した!!!」
お兄さん2人はティエリアをおいしくいただきました(性的な意味で)
こうして夜は更けていった・・・・・
マジでティエリアファンの方々ごめんなさいmm


・・・・・続きはKさんお願いします




スポンサーサイト

COMMENTS

No title

しかしKさんは華麗にスルーした。
語り部なき物語などただの事象の羅列にすぎない。ゆえに物語はここで終わる。

No title

その方がいいと思います、ほんとに
こういう意見をもらいましたが、ドナルド君は?

No title

Kさんが優しいばっかりに不覚にも物語は続いてしまった。
あとは的場君がスルーしてくれることを願います。
そうでなければこんな気持ち悪い文章を書く気持ち悪い行為を、やめさせるためとはいえ関わってしまった僕の魂が浮かばれません。

おっおれは別にいいんだけど…(・∀・)

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。